さくら満開

「桜ばな いのち一ぱいに咲くからに 生命かけてわが眺めたり」 岡本かの子

サクラ(H29)  さくら(H29)

更新日:2017.04.14

過去の記事へ »

しだれ桜

境内のしだれ桜がほころび始めました。木の状態が心配されますが、新しい苗木も順調に育っております。現在は芝桜が満開です。

桜開花  芝桜

更新日:2017.04.04

過去の記事へ »

和歌山の白梅

平成28年11月 和歌山より頂戴した白梅が、本日一輪開花しました。 『日高新報』H28.11.12

和歌山白梅  和歌山白梅6

 

更新日:2017.02.26

過去の記事へ »

桜梅桃李

法然上人がいつもお話になっていたお言葉に、「極楽の荘厳を*観想しても、桜や梅、桃や李の花や果実の美しさほどにも観じ現すことは難しいであろう。心に対象を顕現させる観相の行をしてはならない。心に阿弥陀仏よ私を助けたまえと思い、口には南無阿弥陀仏とお念仏を称えるのが、正しいお念仏の称えかたである」とおっしゃいました。 *観想:一心に想いを凝らすこと

参考書籍:現代語訳『法然上人行状絵図』 浄土宗総合研究所

H29.2

 

更新日:2017.02.08

過去の記事へ »

明けましておめでとうございます

「生かさるる 生命(いのち)尊し 今朝の春」

皆さまのご多幸をお念じ申し上げます。

%e6%ad%a3%e6%9c%88%e5%b1%b1%e9%96%80

更新日:2017.01.05

過去の記事へ »

増上寺法主認証式

121日 落ち葉舞う京都総本山「知恩院」において、大本山増上寺法主台下の認証式が行われました。平成20年 先代住職が増上寺法主に就任以来8年が過ぎ、この度の再任で3期目を迎えました。

法然上人御堂(みどう)に参拝の後、澄み渡った空気のなか法然上人御廟(ごびょう)を遥拝いたしました。11時より「古経堂」(こきょうどう)にて、御門主猊下より『認証書』を授与いただきました。

%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e5%bc%8f

平成20年12月撮影

更新日:2016.12.02

過去の記事へ »

和歌山「往生寺」訪問

徳本上人誕生の地、和歌山県に行ってまいりました。御坊市財部(ごぼうしたから)の往生寺は、徳本上人が27歳の時、僧侶になるための得度(とくど)を受けたところです。天明4(1785)627日、往生寺大円和尚について仏教の尊い戒を授けられ、出家の縁を頂きました。この後、徳本上人は山中などでいよいよ厳しい修行へと打ち込まれました。

%e5%be%80%e7%94%9f%e5%af%ba%e5%a4%96%e8%a6%b3  %e5%be%80%e7%94%9f%e5%af%ba%e5%be%b3%e6%9c%ac%e5%83%8f

更新日:2016.11.16

過去の記事へ »

徳本上人 御命日

当山中興徳本上人の199回目のご命日を迎えました。本日は朝からお参りの方もみえ、徳本上人が往生された夕刻にはお檀家や大正大学の学生さんと本堂にて報恩の法要をお勤めし、御廟(ごびょう)にてお念仏をお唱えしてご遺徳を偲びました。

「南無阿弥陀仏 心たずねる世話もない 唱える声が 直に仏心」 徳本上人

%e5%be%b3%e6%9c%ac%e5%bb%9fh28

更新日:2016.10.06

過去の記事へ »

「スカイラインスポーツ」を誕生させた男

当山檀信徒 井上猛氏(いのうえたけし/1902~2001)は、プリンス自動車工業が日産と合併する前、スカイラインスポーツという車を世に出すために尽力された立役者です。昭和34(1959)、すでに56才の井上氏は自動車デザインを学ぶべく、イタリア語を独学で勉強し、日本貿易振興機構(JETRO)の産業意匠改善 在イタリア研究員として、単身イタリアに渡航しました。当時、海外渡航は厳しく制限されており、並々ならぬ努力の末のことでした。イタリアでは自らもデザインを学ぶ中、スカイラインスポーツのデザインを名匠ジョバンニ・ミケロッティに委嘱し、様々な困難をのりこえた結果、昭和35(1960)11トリノでの自動車ショーに、2台のスカイラインスポーツを展示することにこぎつけました。井上氏は2年間の研修を終え、昭和36(1961)7月に帰国されました。短期間で成果をだした研修渡航は、井上氏の情熱と責任感、人柄のなせる業であり、イタリアの職人との国を超えた友情の結果と、その偉業に敬服するばかりです。井上氏は平成13(2001) 7 98歳のご生涯をとじられ、境内の井上家墓地に葬られています。

法名には経典『無量寿経』より「勇猛精進」(ゆうみょうしょうじん・何事にもひるまず勇敢に打ち込み努力すること)の文字が授けられています。 「精進院芳寿勇猛居士」  参考書籍:板谷熊太郎著『プリンスとイタリア』

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3 %e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9a

日産・プリンス 合併50年を記念して横浜ギャラリーに展示されたトリノショーの実車

更新日:2016.09.27

過去の記事へ »

秋彼岸

秋のお彼岸を迎えました。お彼岸の期間は煩悩や悩みの多い私たちの世界「此岸」から、安穏なるお浄土「彼岸」に至るための修行期間とされています。既にあちらの岸に行かれたご先祖のお墓参りをすることは、多くの先祖から頂だいしたかけがえのない「現在(いま)」を大切にすることにつながります。

彼岸入19()  彼岸中日22()  彼岸明25()

%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%8a-%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%bf

カンナの花びらをかじったのは誰だ?

更新日:2016.09.19

過去の記事へ »